2006年01月18日
 こないだ初めてネットのアダルトショップを利用した。商品の感想などは書かないけど、ショップを利用してみての感想をメモ。商品の感想を聞きたいリアル知人の方は直接聞いて下さいまし。

 使ったお店は2店。一つ目のお店では、乳がでかくなるジェル。本当は体毛が薄くなるジェルらしいが、乳デカ効果もあるらしく、そっち目的で購入。二つ目のお店では、ローションとアヒルのバイブ。

 どちらのお店も、セックスに関するグッズだけでなく女性の身体ケアに関わる商品を取り揃えているのが、女性向けって感じがして利用しやすかった。注文するときは、商品名だけでなく、送り主の名前も変更できるようになっていたり、郵便局留めにできたり、受け取りに困らないような配慮がされているのは、こういうショップを利用するまで思いつかなかった。

 送られてきたもので一番興味深かったのは、商品よりも実はパンフやカタログ。今回利用したのは両方とも女性向けのアダルトショップとは言え、かなり方向性というかスタンスが違っていて、それがパンフなどに表れていて面白い。片や、どこまでも彼氏との関係を良好にするものとして商品を位置づけるキャッチフレーズに溢れている。片や、オナニー前提、女性同士のセックスも前提にしての商品説明。

 困った共通点は、試供品。カマトトぶっているわけではなくて、本当に何に使うか分からない試供品が一緒に届いた。どうしよう。
top.png
posted by piggy_fsite at 02:07 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記b_entry.gif
 本屋のバイトで雑誌の整理しているときに思ったこと。

 『MEN'S NON-NO』の2月号表紙の妻夫木と『FINE BOYS』1月号の堂本剛が同じに見える。私は知っているジャニーズタレントの中で堂本剛が一番少年からの脱皮に失敗した(もしくは現在模索中)のタレントだと思っているのだが、その剛と妻夫木が似て見える。

 若いというか幼い頃に、その清らかさイメージでビックになってしまったタレントは男女問わず苦労すると思うんだが、ジャニーズタレントは事務所が大きいから無理に少年を脱皮しなくてもいいというプレッシャーの無さなのか、それとも手本になる多くの先輩がいるせいなのか、あまり無理をしている様子を感じさせる人がいないと思う。なのに剛は...。なんか落ち着かない感じがするのよねぇ。

 これは特定のタレントに関してのことじゃないけど、無理やり無垢さとか清潔感を押しつけられた反動なのか、転換期に妙にワイルドさを強調しようとするのは気持ち悪い。だいたい大人になるのに野性味を出すって進化に反しているんじゃないか?いや本人はイロイロ考えたり悩んだりしているのかもしれないし、よけーなお世話なんだろうけどさ。

 でも、女が女らしさを獲得するのが全く"自然"にはできないように、男も少年からの脱皮にはイロイロてこずるものなんだなーって、こういう時に感じる。押しつけられたイメージが自分ではないとは思うのだけど、だからって"本当の自分"のイメージなんて自分でも分かっていない。そんなもの、初めから無いかもしれない。だけど、とにかく今のままじゃダメだって分かってる。苦しいよね、そういうの。

 さて妻夫木はどうなるか。
top.png
posted by piggy_fsite at 01:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記b_entry.gif
本日の「妖精」語録:「ダンコン世代」(団塊世代の読み間違え。)
28go.JPG
 で、私は電車の中の英会話スクールの広告に「テレフォンレッスン」って書いてあるのを「テレフォンセック(以下略)」と読み間違え。こんな気の合うカップルは、只今セックスレス期間爆進更新中♪

 いや、ごめんなさい。お下品な始まりで。前に書いた「セックスについての語りについての語り」に関して、丁寧なコメントをいただいたいていたにも関わらず、長らくネットから離れておりまして、もうタイミング逃しまくりなんですけど、ちょっと続きみたいなのを書こうかと思います。

 てゆうかホントご無沙汰さまで、長い間更新しなかったのに再び訪問して下さった方、本当にありがとうございます。

 さて、私が愛の問題とセックスの問題を分けて考えたいなーって思うのは、愛しているから/愛されているからいいか、みたいな感じで、女の子が自分の本意でない形でセックスしたり、自分の快感を置き去りにしてたり、避妊について深く考える機会を逃していたり、そういうのがイヤだから、というのが一つ。セックスに際して何より重要なのは愛じゃなくて合意と安全と快感ですから。

 それともう一つは、欲望される=愛されているとか、欲望されない=愛されていないとか、そういう考えに陥るのって虚しいし、さらに欲望されないから女として価値がないとかいうのもヤなんだよね。いやもういっそのこと「女としての価値」なんて別にいいさ、と言っちゃってもいいんだけど。普段から「女らしさ」とかケって言ってるわけだから。でも、なんか欲望される客体として以外の女としての価値みたいなもの、どっかで求めている自分もいたりして。

 まあ、そういうわけで愛の語りとセックスの語りを切り離せないものとして語るのは抵抗あるわけです。あと、女としての価値とかと結びつける語りにも。

 男ばっかの酒の席なんかでも、昔はおバカネタで盛り上がっていて、女関係の話題なんてほとんどなかったのに、この頃は彼女とケンカした話とか出るようになって、まあそういうのは面白いんだけども、下ネタもギャグを超えてきた。そういう時、男が自分の性的能力を表現する為に、「俺、結構(持続時間が)長いよ。」なんて言うのを聞くとアホか、とか思う。そう思って「長けりゃいいってもんじゃないんだよ!」とつっこんだら、「お前が言うとリアルだからヤメロ。」って返されたけど。私が思うに、男の下ネタ話って恋愛がらみで話してないからといって純粋に性について語っているってわけじゃなくて、やっぱ男の連帯とか男らしさの誇示みたいな抽象的目的(?)みたいなもので語っている気がする。そしてそういう話をしているそばで、引いちゃってる男もいるけど、男が大半を占める場ではこの手の話題で、「引く」ということが会話の筋を変える力は無いようだ。

 一方、私が女友達(フェミとか知らんような子)と猥談するときって、もっと具体的な話をするわけですよ。もちろん、彼氏の話からセックスの話になるときもあるし、身体の調子の話からそういう話になるときもある。だけど話している内容は、本当にどうしたら気持ちいいか、楽しいかっていうそういう性の話をしてる。男のナニがデカイのアレが長いのなんていうことは関心の中心になることはまず無いし、自分の身体や経験に関する自慢もない。気持ちよく楽しくなる為に自分ができることは何かってこと考えて、セックスやマスターベーションの話をするわけです。

 それとか避妊についてとか身体についてとかも、そういう話と一緒にするし、貴重な情報交換だと思う。無論、関心のない人にとっては貴重でもなんでもなくて、気分の悪い話に過ぎないんだけれども。いや、なんか真面目な話をしているように書いてしまいましたが、これ公開されるブログ用に書いてるわけで、話している場は本当に猥談って感じだから。

 男性でもこんな猥談している場合もあるんだろうけど、「風俗行った、お前も童貞捨てろ」的な会話とか、さっき書いたような「俺は長い」とかそんな話しかできないのなら、随分貧しい猥談だよな、と思う。そういうのは愛と切り離されていても全然羨ましくはない。

 まあこんなこと言うと、なんか性的に自立していて男の評価なんか全然気にしていない女みたいですけど、巨乳好きの「妖精」が喜ぶかもと乳が大きくなるジェルとか買ってしまったりする女なんです、私は。それに、セックスとか恋愛とかが人間にとって重要なものだとか、必要不可欠なんだという考え方は大嫌いだけど、Hは好きだから欲情させるテクニックとかには関心ありありだし。そうなると自分が欲情される女かどうかも気になってしまったりもする。だから余計、女としての価値に拘るセックス談義には敏感になってしまうのかな。

※特に、恋愛話や彼氏の話でその場の連帯感を高めてるって雰囲気とか、話題無いからとりあえず恋愛話ふっとくか的雰囲気は、「あああああ」って気分(←どんな気分だ)。
top.png
posted by piggy_fsite at 01:19 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記b_entry.gif
2006年01月01日
nenga3.png
今年もよろしくお願い申し上げます。
top.png
posted by piggy_fsite at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記b_entry.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。