2011年11月05日
ラジオで耳にした歌がなかなか良かったので、TSUTAYAでアルバムを借りてきた。曲や歌は気に入ったのだが、CDに添えられたブックレットを読んで、少し、ひっかかるような残念な気持ちになった。

そのブックレットには作曲した人とゲストの対談のようなものが書かれていたのだが、スーツを着たサラリーマンが宇宙人のように感じるという類のことが書いてあった。また、主婦の集団にも似たような感覚を覚えるとも。言外に彼らに対する蔑みが感じられて、その根底に、彼らの生き方に没個性や単調さを感じ取っているように思えた。

十代の頃はアイドルグループの一人ひとりに個性と魅力を感じたのに、彼/彼女らと年が離れるに従って同じ顔に見えてくることは私も経験済みである。自らが女子高生であったときは、「一人」で電車に乗っていたけれど、いざ制服を脱いでみると、電車に乗っている女子高生は集団にしか見えなくなることも。ちなみに女子高生であったときは、スーツを着たオジサン達は集団に見えたし、一人が行儀が悪ければ、オジサンみんなが行儀悪く見えたものだ。

しかし、制服やスーツでもない私服姿の者も、サラリーマンの中に紛れていたら目立つかもしれないが、繁華街であれば、人ごみの一部に過ぎない。いわんや、規格化されたCDが商品棚に並ぶ姿など、「みんな同じに見える」。

スーツを着たサラリーマンの人生がレールに乗ったものなのかと尋ねられれば、否とは言わない。売れるかどうか、食っていけるかどうかの保証もない音楽の世界で夢を追い求める方が難しいに決まってる。

個性とは、外的刺激に対する反応の差異のことだから、その差異によってレールなき道を歩くことになり、なおかつ諦めずにいる人を私は素直に尊敬する。だけれど、その差異の希少性が「尊い」のは、それが社会規範の許す範囲内に収まる場合で、なおかつ市場がそれに価値をつけるからであって、本来差異は希少であろうとなかろうと個性には変わりないのだ。

「尊くない」個性を理解しない者のもつ「尊い」個性を理解できない者が愚鈍であると決めつけるのは単なる無知ではなかろうか。自分の人生を生きていることに誇りは持てばいい。でも、そのために、自分が理解できない人生を歩む人々を引き合いに出すのは低俗じゃないか。

とは言いつつ、例えばこれ見よがしに他人の服装にケチをつける類の人は、大抵無難だがセンスの悪い人が多いとも思ったりもする。希少性の高い個性を持つ人々は、マジョリティに迫害されて、あるいは恨みつらみを抱えているのか。

ザマーミロ、お前たちにバカにされた俺が今ここにいるぜ!と吼えられない私が彼らに謙虚さを求めるのも、ルサンチマンの一種なのかもしれない。




top.png
posted by piggy_fsite at 02:04 | Comment(0) | 日記b_entry.gif
夏に、映画『ソーシャル・ネットワーク』を見た。単純に影響を受けて、Facebookを始めたのが、かれこれ3ヶ月ほど前か。

Twitterには完全に乗り遅れていたので、Facebookの短文に適した投稿方法に最初は戸惑った。しかも、友人として「つながった」人のニュースフィードの画面には、自分の投稿した記事がデカデカと載るようなので、書く内容も制限される。すなわち、普段知人と会い、まず一声で話し始めて差し支えのないような、棘のない、あるいは意味のないことばである。

Facebookに「近況」を入力をしようとすると「今なにしてる?」と訊いてくるとおり、今まさにしていること、感じていることを書くのに相応しく、考えていることを書くには適さないツールだと気づいた。

Facebookに短くとりとめもないことばを投稿していると、最初は思考停止に陥るのではないかと訝しんだが(いや、実際、思考停止にはなりつつあるのかもしれないが、それはともかく)、不思議に善良な気持ちになってくることに気づいた。「友人」の誰が読んでも差し支えないように、政治的なことは書かない、性的なことも書かない、批判的なことも書かない。それらを取り除き、生活の中の書くに値する事柄を探すのは「良かった探し」に似ている。

私の生活から怒りや悲しみを取り除くと、こんなに平和で幸せな人生を送っている人間がいるのかと改めて思う。耳障りのよいことばばかりを吐いていると、善人ぶっているようで後ろめたくもあるが、そのような人間にもなり得る自分を発見したような妙な気持ちがする。


※ Facebookはスマートフォンの普及以前から存在するが、iphoneの普及によって「現在地」とは現住所のことではなく、今まさに私が立っているこの地点のことを示し、また「今」とは現在のことではなく、今まさにこの瞬間のことを指し示す(つまりは点の粒が小さくなった)ように感じる。Facebookはそういう感覚にかなりフィットするツールなのだと思う。


top.png
posted by piggy_fsite at 00:54 | Comment(0) | 日記b_entry.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。