2011年11月05日
ラジオで耳にした歌がなかなか良かったので、TSUTAYAでアルバムを借りてきた。曲や歌は気に入ったのだが、CDに添えられたブックレットを読んで、少し、ひっかかるような残念な気持ちになった。

そのブックレットには作曲した人とゲストの対談のようなものが書かれていたのだが、スーツを着たサラリーマンが宇宙人のように感じるという類のことが書いてあった。また、主婦の集団にも似たような感覚を覚えるとも。言外に彼らに対する蔑みが感じられて、その根底に、彼らの生き方に没個性や単調さを感じ取っているように思えた。

十代の頃はアイドルグループの一人ひとりに個性と魅力を感じたのに、彼/彼女らと年が離れるに従って同じ顔に見えてくることは私も経験済みである。自らが女子高生であったときは、「一人」で電車に乗っていたけれど、いざ制服を脱いでみると、電車に乗っている女子高生は集団にしか見えなくなることも。ちなみに女子高生であったときは、スーツを着たオジサン達は集団に見えたし、一人が行儀が悪ければ、オジサンみんなが行儀悪く見えたものだ。

しかし、制服やスーツでもない私服姿の者も、サラリーマンの中に紛れていたら目立つかもしれないが、繁華街であれば、人ごみの一部に過ぎない。いわんや、規格化されたCDが商品棚に並ぶ姿など、「みんな同じに見える」。

スーツを着たサラリーマンの人生がレールに乗ったものなのかと尋ねられれば、否とは言わない。売れるかどうか、食っていけるかどうかの保証もない音楽の世界で夢を追い求める方が難しいに決まってる。

個性とは、外的刺激に対する反応の差異のことだから、その差異によってレールなき道を歩くことになり、なおかつ諦めずにいる人を私は素直に尊敬する。だけれど、その差異の希少性が「尊い」のは、それが社会規範の許す範囲内に収まる場合で、なおかつ市場がそれに価値をつけるからであって、本来差異は希少であろうとなかろうと個性には変わりないのだ。

「尊くない」個性を理解しない者のもつ「尊い」個性を理解できない者が愚鈍であると決めつけるのは単なる無知ではなかろうか。自分の人生を生きていることに誇りは持てばいい。でも、そのために、自分が理解できない人生を歩む人々を引き合いに出すのは低俗じゃないか。

とは言いつつ、例えばこれ見よがしに他人の服装にケチをつける類の人は、大抵無難だがセンスの悪い人が多いとも思ったりもする。希少性の高い個性を持つ人々は、マジョリティに迫害されて、あるいは恨みつらみを抱えているのか。

ザマーミロ、お前たちにバカにされた俺が今ここにいるぜ!と吼えられない私が彼らに謙虚さを求めるのも、ルサンチマンの一種なのかもしれない。




posted by piggy_fsite at 02:04 | Comment(0) | 日記b_entry.gif
この記事へのコメント
▼コメントを書く
ハンドルorおなまえ:

メールアドレス(非表示です):

ホームページアドレス(ハンドルからリンク):

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。