2007年04月18日
世の中で大変なことが起こっていてもテレビや新聞を読まずにいると気づかないことが多い。オリンピックは、一度も見ることがなく閉幕してしまっても何の罪悪感もないけれど、政治ネタや人の生き死にに関わることだと何故か知らないでいたことに申し訳なさを感じる。ニュースにならない多くの死は、どうあがいても知ることができないくせに。

ショッキングな殺人事件の犯人がどこの国籍の者と報道されたかで、誤報だったことを人種差別だととある国が訴えたとか何とかというニュースも出ていた。間違って報道された国は、犯罪と言えばウチと思い込みやがって、という気持ちがあるのかもしれないけれど、報道されることで迫害受ける人のこととか本当に考えているんだろうか。犯人が中国人だろうと日本人だろうと韓国人だろうと、石を投げるやつらに識別できるわけはなし、「ほらみたことか、うちの国じゃなかったろうが」と母国が強気な発言したところで、現地の人間が救われるのか。銃をぶっぱなしたり、石を投げるやつが一番悪いのは言うまでもないけど。

てゆうか、○○人って報道すること自体が偏見にまみれている気がする。犯人逮捕を目的として特徴づけるために人種やら国籍やらを明らかにするならともかく。アジア系だから何?人種の坩堝のお国で小学2年生から住んでる人間を、問題起きたときだけよそ者扱いかよ。

とにかく、銃社会は反対。銃だけが原因じゃないだろうけど、反対。人の死は数の問題じゃないけどさ、でも、あっというまに30人も殺せる武器が簡単に手に入る社会なんて、やっぱおかしい。
posted by piggy_fsite at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記b_entry.gif
この記事へのコメント
▼コメントを書く
ハンドルorおなまえ:

メールアドレス(非表示です):

ホームページアドレス(ハンドルからリンク):

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。