2007年04月24日
思い出話。

私が高校生だったころ、「ちょべりば」などと並び、コギャル用語として「MK5(えむけーふぁいぶ)」というのが、あった。実際周囲のコギャルが使っているのは見たことがなかったが、「えむけーふぁいぶ」と口にしたときの長ったらしさを考えると、もしかしたら「MK5」は口語ではなく文語あるいはポケベル語だったのかもしれない。

当時の私ときたら、ポケベルをベルトにつけた、今で言うところのギャル男くんに「万歩計?」とか聞いて、どん引きさせるような地味系女子だったのけれども、一秒間に何文字打てるかと必死になって公衆電話のボタンを連打していた同級生達のことは覚えている。

コギャルではない私も、TVなどのメディアを通じて、コギャルと言われる女の子たちが使っている用語というのを耳にする機会はあって、それをギャグで使って遊ぶという程度のことはしていた。ところが、その中でも「MK5」というのは、なんとなくイマイチな単語だと当時の私は思っていた。それは先述の通り口にしたときの感じが長ったらしく勢いがないというのと、「マジでキレそう5秒前」の略をアルファベットで表すというところに、あまり斬新さを感じなかったからだと思う。ただのアルファベットと数字の組み合わせが、「マジでキレそう5秒前」の略だということには「なるほど〜!」と感心した覚えはあるが、どちらかと言えば略す前の「マジでキレそう5秒前」というフレーズの方が、リズム感もあって気持ちいい。

「ムカつく」・「ウザい」などの、攻撃的なことばが若者のことばとして周知される一方で、そういうことばを簡単に使う心ない行為に対して自重する雰囲気が一部の同級生たちの間にあったことも、冗談にしても使ってみたいと思えなかった理由の一つかもしれない。たとえ、それが自分の気持ちを言い当てたことばだとしても。

とはいえ、今、歳月を経て、このように自分の気持ちをズバッと言い当て、かつ誰にでもわかることばを作ってみようと思うと、これはかなり難しいということに気づく。自分の今の状況を表すことばをいくつか挙げてみよう。

KS1:風邪引く寸前、1日前。
CDN:超ダルい、寝ちゃいそう。
IK10:今、金欠。10円しかない。

…やはり、「マジでキレそう5秒前」を考えついた人は凄い。
posted by piggy_fsite at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記b_entry.gif
この記事へのコメント
▼コメントを書く
ハンドルorおなまえ:

メールアドレス(非表示です):

ホームページアドレス(ハンドルからリンク):

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。