2007年09月29日
manikyua.bmp
新しいものとか傾向を受け入れられなくなってくると「年」を意識する。

職場で、みんなが「びすた、びすた」と騒いでいるので、どんなものかなぁとサイトを見てみた。名前の通り、ビジュアルの面で革新的なのは分かる。まるでSFみたいだ。実際、入手したら「すげーっ!!」と興奮しながら、いじりまくるだろうと思う。でも、「できることが広がる」という感じがあんまりしない。

同じようにおふぃす2007についてもデモのフラッシュを見てみた。エクセルは、数値データを「見せる」データに加工することに弱い感じがしていたので、革新的な感じはする。

 一方、パワポは…メニューがリボンに変わった以外「できること」が増えた感じがやっぱりしない。図解のテンプレの適用がすばやくできるの(スマートアート)とか便利なのは分かるけど、センスと手間をかける時間があれば、今までのバージョンで作成できるような気がする。あ、ビジネスの世界は時間なんてないのか。

 センスについてはよく分かんないけど、「こんな美しいプレゼンが簡単に!」みたいなデモを見ていると、これがあれば、デザイナーいらずだなぁと思う半面、結局、テンプレ選ぶことに疲れちゃいそうな…。大体、図解なんて要素の関係を論理的に理解できていないから、「美しい」だけの、「図」ならぬ「絵」を描いてるだけのやつ、今でさえザラじゃないか。

 パワポはプレゼンソフトなんだから箇条書きのテキストを簡単に図に変換し、レイアウトやデザイン、色の変更がすばやくできるスマートアート機能は確かに革新的なのだろうと思うのだが、個人的にパワポは半分お絵かきソフトとしてポップ作るのに使っていたため、描画の限界がほとんど変わらないのが、残念に思う。
(今日、あげている絵はそれで久々パワポで描いた絵です。もちろん旧バージョンのですが。)
 
 ワードに至っては、あんなもんが文書作成ソフトだと言うなら、テキストはメモ帳で書くよと思った。いや、今も半分そうなんだけど。だって、文書作成ソフトじゃなくて、印刷物作成ソフトって感じなんだもん。でも、それが世の中のニーズなんだろうなぁ。


 個人的にはワードにあったらいいなと思う機能はこんなの↓↓

 ○辞書・校正機能の強化と表示切替の簡易化
 …自分の書いた文章はいざしらず、他人の書いた、しかも複数人がバラバラに書いた文章を一つにまとめたりするときに、文体の統一とか文法の間違いなんかを一発で表示してくれたらなぁと思う反面、いちいち波線が出てくることにイライラもするので、なんか一発でポンっと表示/非表示を切り替えられて、且つ精度が上がればいいなーって思う。
 つーか、ワードの余計な(と私が思ってる)機能の切替は全部もっと簡単になればと思う。オプションで探すの面倒。いっそのこと、メモ帳のようなテキストエディタを基本として、自分で機能を追加しながらカスタマイズできたらいい。ただし、他人が作ったものは、そのまま表示できなければならない。

 ○表作成ツールの簡易化
 …文書中に表を入れたいときは、大抵エクセルで作った表を貼り付けしてるのだけど、これまた、決まったフォームとか他人が作った表入りの文書なんかを修正するときに、表の罫線だの書式を整えるメニューがエクセルと微妙に違うので戸惑う。あと表の前後に余計な行が入って消せないとか、消せるけどページ番号がずれるとか、一つセルや列の幅を変更すると他も連動してずれるとか、表が2枚のページにまたがると罫線が消えたり、逆に消せなかったりとか、画像やテキストボックスのオブジェクト入れるとセルの大きさが変わっちゃうとか、なんかそういう色々いじれば調整できるけど、そこまで行き着くのが超メンドクサイ作業がどうにかなかないかと思う。複雑な表とか、比較的単純な表でも50ページくらいあるとやっぱイライラするし。

○関数
 …合計とか平均とかの関数じゃなくて、検索関係の関数が使えて、ワードで、ある表とかフォームに、数値や単語を入力すると、エクセルで作ったデータベースを参照して、対応する数値や単語が、動的に表や文中に挿入されるようなのがあれば便利だなぁと思う。こういうことはエクセルでは簡単にできるけれど、エクセルは行間の設定とか文章を整形する機能に乏しい。差込印刷は、一度に大量のデータがあるときはいいが、一回の件数は少ないが頻繁に作成の機会がある文書の場合は、面倒だと思う。


posted by piggy_fsite at 21:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記b_entry.gif
この記事へのコメント
こういうことを書くと荒れるモトかも,ですが。
表計算との連携はともかく,校正ならやはり国産の一太郎に分があると思います。
差し込み印刷も一太郎単体でできますし。
ホントにそういう用途が多くてそのたびにワードで困っているのなら,試してみてもいいかもです。
Posted by ひろつぐ。 at 2007年10月02日 03:41
>差し込み印刷も一太郎単体でできます

し、知らなかった…。というか、「一太郎」っていう選択肢がはなから思いつきもしなかったです。職場のPCに入ってないっていうのが一番大きな理由ですけど、思いおこせば、私が一番初めに使ったワープロソフトは一太郎だったはずなんです。10年以上前で、あのときは複雑な文書なんて作ってなかったから、一太郎の利点とか考えてもいなかったんですが、ワープロソフト=wordと考えちゃってたのはもったいないことだと思いました。

コメント見て、じゃすとしすてむのサイトもチラリとのぞいてみましたが、何でうちみたいな職場が一太郎入れてないのか本当に不思議です。まぁ、組織が大きいと実用面での配慮でソフト選ぶとは限らないのでしょう。

Posted by ピギフェミ at 2007年10月03日 23:32
▼コメントを書く
ハンドルorおなまえ:

メールアドレス(非表示です):

ホームページアドレス(ハンドルからリンク):

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/57908750
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。